ビットコインとは?

2017年に入って、ビットコインという名前を聞くことが多くなりました。
(って言っても、まだまだ知名度は低いですが……)

ビットコインは、暗号通貨(仮想通貨)と呼ばれるバーチャルなお金の代表格です。
暗号通貨は、数多くの種類があります。一説には800種類を超えると言われていますが、ビットコインは、そのような暗号通貨の一つなのです。

暗号通貨=ビットコインではなく、暗号通貨の一つに、ビットコインというものがあるのですね。

ビットコインは、国や特定の期間が発行する、いわゆる「法定通貨」と違い、お札や硬貨のような実体がありません。インターネット上のデータとして存在しているお金です。

日本の通貨は円、アメリカなら米ドル、中国なら元、イギリスならポンド、というふうに、世界には、様々なお金があります。
ビットコインも、そのようなお金の一種と言えますが、実体がなかったり、国や政府の期間が発行していないという点で、大きな違いがあります。

でも、お金としての機能はあります。将来的には、日本でも普及して、買い物なんかに普通に使っていると思います。

電子マネーに似ている?

今でも、「Suica(スイカ)」「WAON(ワオン)」「nanaco(ナナコ)」みたいなチャージ式の電子マネーを使っている人は多いですよね。

ビットコインは、それの全世界規模版だと考えれば、簡単だと思います。円をビットコインに両替しておけば、買い物などに使うこともできますので。

厳密に言えば、

  • 法律的に、仮想通貨と電子マネーでは扱いが異なる
  • 電子マネーは日本円がベースだが、仮想通貨は円とは全く違う、権力から独立したお金である

といった大きいな違いはありますが、日常的に使うとなれば、似たような感覚です。

実際、海外では、すでにコンビニなどでビットコインを使えるようになっています。先進国の中で、日本は遅れているんです。

でも、2020年の東京オリンピックに向けて、政府が決済のスマート化を推進していますので、ビットコインも、知名度が上がるでしょう。そうなれば、電子マネーと似たような感覚で、スマホを使ってビットコイン決済をする光景も、多く見られるようになるでしょうす。

楽しみですね^^

個人間で、簡単に受け渡しできる

そして、ビットコインの大きな特徴の一つに、「送金が簡単」というものがあります。

僕は、これがビットコインのスゴイところだと感じています。

ビットコインの送受信には、財布(ウォレット)というものを使います。ウォレットは、インターネットのサイトや、アプリで提供されています。
スマホを持っていたら、アプリが良いですね!

それを使えば、24時間いつでも、素早く送金することができます。しかも、手数料が安いです。

今までは、誰かにお金を送ろうと思ったら、銀行口座にお金を入れて、手数料を支払って送っていました。しかも、15時以降の送金は、翌営業日に回されます。すぐ送りたいのに、銀行の都合で翌日になるんです。

ビットコインなら、時間は関係ありません。夜中でも、土日でも、356日いつでも送金できます

あと、画期的なのが!

日本国内だけではなく、世界中、どこでも同じように送金ができることです。

しかも、手数料が安いです。日本の銀行から、海外の銀行にお金を送ろうと思ったら、手数料が3,000円以上かかることなんて普通ですし、何より時間がかかります。

それが、数十円程度の手数料で済みます。これは大きいです。

ビットコインは、国を超えた全世界共通のお金

nanacoなどの電子マネーは、あくまでも日本円が基準で、国内でしか通用しません。
ですが、ビットコインは、全世界共通のお金です。国境、人種を超えて、同じように使うことができるんです。

海外旅行に行ったとき、現地の通貨に両替する必要もありません。ビットコインに対応しているお店なら、全く同じ感覚で使えるんです。

逆に、海外の人が日本に来たときも、ビットコインに対応していたら楽ですよね。みんな嬉しい。

ビットコインは、「次世代の、新しいお金」です。

インターネットが発達し、グローバル社会になって、国と国との境界は、どんどん縮小しています。そんな中、より便利に、より時代に合ったお金として期待されているのが暗号通貨であり、ビットコインなんです。

数ある暗号通貨の中でも一番知名度があるビットコインは、これからどんどん普及していくでしょう。

なので、今のうちからチェックして、使えるようになっておくと楽しいですよ!

コメントを残す