暗号通貨(仮想通貨)とは?

2017年になって、急に、暗号通貨という言葉を耳にすることが多くなりました。
(日本では「仮想通貨」という名前で呼ばれることが多いのですが、正しくは、暗号通貨になります)

NHKでも特集を組まれましたので、これからドンドンと周知されていくと思います。

では、暗号通貨とは何なのでしょうか?

インターネットを調べると色んな情報がありますが、深く考えていくと、けっこう難しいです。
ブロックチェーン? P2P? Satoshi Nakamoto?? そんな単語を聞いても、よく分かりません笑

なので、ここでは、僕なりに、出来るだけ簡単に暗号通貨というものを紹介したいと思います。

特徴1:バーチャルなお金だけど、実際に使えます

暗号通貨は、通称「仮想通貨」などと呼ばれています。

読んだまま、仮想的なお金のことですね。バーチャルなので、10,000円札や100円玉のような実体はありません。でも、インターネット上に確かに存在するものです。スマホやPCを財布にして、買い物をしたり、他の人の財布に送金したりすることができます。

一方、仮想通貨の対義語となるのは、実体のある通貨(本物のお金)です。円、米ドル、ユーロといった、国家によって発行され、その国や政府が「お金」として認定している、いわゆる法定通貨というやつですね。日本が発行している円は、実体のある法定通貨になります。

僕たちが、一生懸命働いて、お給料としてもらえるのが、この実体のある法定通貨になります。

暗号通貨も、本物のお金と言えばそうなのですが、現状は、インターネットというバーチャル世界にしか存在していないので、仮想通貨と呼ばれています。

ちなみに、日本が2016年に作った新資金決済法では、以下のように定義されています。

「仮想通貨」は「物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」又は「不特定の者を相手方として相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」

まあ、意味分かりませんよね笑

なので、とりあえず、インターネットに存在しているバーチャルなお金、と考えれば良いと思います。

暗号通貨は、インターネット上にある様々な「取引所」で、円やドルと交換して、手に入れることができます。お財布も、スマホのアプリなどで出回っていますので、手に入れるのは、実は簡単なんですよ。

(買い方は、また別の機会に詳しく紹介しますね)

特徴2:国家から独立しています

暗号通貨の特徴としては、まず、「国家から独立している」ということが挙げられます。

円なら日本、米ドルならアメリカ、人民元なら中国のお金になります。が、暗号通貨は、どの国にも属していません。

これはかなりスゴイことで、言ってみれば、全世界共通で使えるお金、ということになります。

暗号通貨が世界的に普及すれば、日本でも、アメリカでも、中国でも、ロシアでも、シンガポールでも、どこの国でも使えるお金になります。

まだまだ始まったばかりなので、現時点では、実際に暗号通貨で買い物ができるお店は限られています。
が、将来的には、ネットショッピングなどでも暗号通貨が使えるようになるでしょう。近所のコンビニでも、使えるようになるはずです。

便利ですよね。

そして、もう一つ大切なのは、国とは独立しているので、国が潰れてしまっても関係ない、ということが挙げられます。

今この瞬間、日本が潰れてしまったら、円の価値はなくなります。10,000円札も、ただの紙になります。いわゆる本物のお金とされている円やドルも、国がなくなれば消し飛ぶのです。
みんなが大事に貯金している円というのは、実はそういうものです。

でも、暗号通貨は、世界共通のお金ですから、地球が滅んだり、インターネットが消滅しない限りは、ずっと価値を持っています。

この先、日本はどうなっていくでしょうか? ずっと平和でしょうか? 借金大国ですから、破産するかもしれません。
日本が潰れるなんて考えられないよ! それが一般的な考え方だとは承知していますが、僕は、そうは思いません。いつどうなるか分からないと考えています。

お金持ちも、色んな国のお金を持って、法定通貨の価値が下落するリスクを分散しています。そして、暗号通貨も、そのリスク分散の一つの候補になりつつあります。

特徴3:送金手数料が安くて早い、しかも24時間送金可能です

次の特徴としては、送金の手数料が安く、早いということが挙げられます。

暗号通貨を使えば、世界中のどの人にも、あっという間にお金を送ることができます。基本的に、24時間いつでも送れます。そして、その時の手数料が、かなり安いです。

これは、画期的なことなんです。

日本では、他の人にお金を送りたければ、銀行口座を使うことが多いですよね。口座から口座へとお金を送ることができます。手数料も数百円といったところでしょうか。銀行の営業時間内であれば、即時、送ることができます。

ただ、海外へ送金するとなると、そういうわけにはいきません。何だかんだで、手数料も最低3,000円程度はかかります。日数も、1~3日かかりますし、何せ、面倒です。マネーロンダリング等の犯罪を防ぐため、手続きもややこしいです。

僕も最近、銀行から海外送金をしたのですが、手続きだけで数時間かかるし、手数料を多く取られるしで、散々でした。

でも、日本はまだ恵まれています。
海外では、日本と比べものにならないくらい、お金の送金が大変な国も多くあります

日本では、ほとんどの人が、銀行口座を一つくらいは持っていますよね。でも、それって実は特殊なことで、海外では、銀行口座を持っていない人がたくさんいるんです。
そういう人たちは、送金代行サービスなどを使ってお金を送るわけですが、これも、手数料が高いですし、時間もかかります。

アメリカなどは、銀行口座自体は普及していますが、これまた手数料が高いです。場所にもよりますが、2,000~3,000円かかるうえに、3~5日の時間がかかるそうです。

このように、世界に目を向ければ、暗号通貨がどれくらい便利か分かります。

安い手数料で。
瞬時にお金を送ることができる。
しかも、24時間、いつでもOK。

グローバル時代、世界の国境が薄くなりつつある現代で、暗号通貨が普及しないわけがありません。

日本人にとって、お金の送金は、銀行口座から銀行口座へ行うのが主流ですが、暗号通貨の送金を知ってしまえば、とても手面倒な手段だったと感じます。

僕が楽しんでいるHYIP(ハイプ・暗号通貨による投資の代表格)にしたって、世界中、すぐにお金を送れるからこそ、成り立っています。
HYIPの投資先は、大抵が海外です。銀行から海外送金をしていたのでは話になりません。

投資の世界では、暗号通貨によって、すでに革命が起きているんです。

 

以上、ざっと、暗号通貨(仮想通貨)を紹介してみました。

技術的なこと、細かいことを言いだすとキリがありませんし、とても難しいです。
なので、最初のうちは、上の3つの特徴を抑えておけば良いのではないかな、と僕は思っています。

とにかく、これから世界に普及していくのは確実です。

世界各国グローバルに使えて、送金にかかる手数料が安く早い! そんな暗号通貨が、世界の仕組みを変え、多くの人の生活を快適にしてくれると、僕は可能性を感じています。

 

コメントを残す