暗号通貨(仮想通貨)でお金を増やす方法

暗号通貨は、未来の新しいお金の形として注目されています。

ですが、現時点では対応しているお店も少なく、日常的に使えるようになるのは、もう少し先でしょう(それでも、遠い未来の話ではありません)。

今のところ、ビットコインを始めとする暗号通貨は、投資や投機を目的に売買されているのが現状です。

暗号通貨を使うためではなく、お金を増やすために、暗号通貨というものを活用しているのですね。

「え? 仮想通貨って、使うだけじゃないの? お金を増やせるの?」

そう思われる方もいらっしゃるかと思います。

そうなんです。ビットコインなどの暗号通貨は、上手く活用することによって、お金を増やすことができます。今、ビットコインなどの暗号通貨を手に入れるということは、投資や投機の機会を得るということなんです。

では具体的に、どうやったら、お金が増えるのでしょうか。

投資や投機に興味がなくても、知っておくと、何か得るものがあるかもしれません。
いくつか紹介してみますので、ざっと目を通してみて下さいね。

長期保有しておいて、価値が上がるのを待つ

これが、一番簡単で、確実な方法です。

2017年3月の時点で、ビットコインやイーサリアムなど、様々な暗号通貨が存在しています。

これから先、暗号通貨というものが多くの人に知られるようになり、周知されていくのは間違いありません。つまり、暗号通貨の価値というものは、どんどん上がっていきます

そうなれば、何が起こるでしょうか?

そう、暗号通貨の値段が上がります(ここでは詳しく説明しませんが、暗号通貨は、いずれも発行される総量が決まっているため、欲しい人が増えると、それだけ価値が上がるのです)。
現在、1ビットコインは12万円程度ですが、数年後には、20万円以上になると言われています。

もちろん、下がる可能性もありますが、それは余程のことがない限り大丈夫だと僕は考えています。暗号通貨は、未来の社会にとって必要なものであり、ビットコインやイーサリアムは、その中核を担う通貨だからです。

いずれにしても、12万円の時に買っておいて、数年後に20万円になると、何もしなくても8万円増えるということです。
今、銀行に預けておいても、数年後にこれだけ増える可能性なんて皆無です。

であれば、今のうちに、円を暗号通貨に変えておいて、価値が上がるのを待つというのも、暗号通貨でお金を増やす有効な手段です。

FX的に売買する

FXは、「Foreign Exchange」といって、海外の通貨を売買して、その差益を得る投資方法です。簡単に言うと、日本円をドルに両替して、ドルの価値が上がった時に、再度日本円に両替すると、その差額が利益になるわけですね。

これと同じように、ビットコインなどの暗号通貨の両替で、差益を得ることが可能です。

暗号通貨の値段は、刻一刻と変化しています。一日で、1万円ほど値段が変わるなんてことは普通です。

なので、安い時にビットコインを買っておき、値段が上がった時に売れば、それだけで利益になります。

と、仕組みは単純なのですが、実際にやってみると、値段の上下を予測するのは、なかなかに大変です。社会情勢を読む必要もありますし、思うようにいかないことも多々あります。

それでも、簡単にスタートできますし、理屈も分かりやすいので、気になった方は、一度チャレンジしてみても良いかもしれません。僕は、値段の上下を見るのが好きなので、楽しいです^^

アービトラージで利益を得る

アービトラージというのは、日本語で「裁定取引」という手法です。サヤ取り、とも言われています。

これは、どのような方法かと言いますと、取引所間での価格差を利用して、利益を上げる方法です。

……と、この説明では分かりにくいですよね。

まず、ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨は、「取引所」というところで購入(交換)します。

取引所は、コインチェック、ビットフライヤーなど、色んな業者があるのですが、その業者によって、若干、暗号通貨の価格が違っているのですね。

つまり、安い値段で売っている取引所で暗号通貨を購入し、すぐさま、値段の高い取引所で売れば、その差額分、利益になるわけです。

こちらのサイトなどでは、各取引所のBid(売値)とAsk(買値)が出ていますので、このような情報を元に、アービトラージを行います。
仕組みはとても簡単ですね。

ただ、実際にやってみると、なかなか難しいです。

せっかく安い時に買っても、別の取引所に送っている間に値段の差が解消されてしまうことも多々あります。また、取引所間での値段差は、数十円~数百円ですから、まとまった資金がなければ、リターンを得ることが出来ません。

理論はしっかりしていますが、大きな利益を得るためには、それ相応の勉強と戦略が必要になります。

HYIP(ハイプ)で稼ぐ

最期のHYIPですが、「High Yield Investment Program」の頭文字をとったもので、高収入の投資プログラムという意味があります。

簡単に言うと、ハイリスク、ハイリターンの投資(投機)です。世界には、様々なHYIPサイトがありますので、そちらにビットコインなどの暗号通貨を送って運用し、利益を狙います。

これは、僕も行っている投資の方法で、上手くいけば、日利2%などの恐ろしい利益が出ます。

が、しっかりと情報を集めないと、元本を回収する前にサイトがなくなってしまうなどの被害を受けることになります。実際、投資した翌日にサイトが消えてしまった人もいて、なかなかにハイリスクです。

ハイプの攻略法は、早期に投資して、さっと元本を回収してしまうことにありますが、そのためには、サイトの是非を見極める眼力や、信頼できる情報がカギになります。

 

以上、ざっと紹介させていただきました。

僕はメインで行っているのは、「暗号通貨の長期保有」と「HYIP(ハイプ)」になります。

どちらも、チャンスに溢れていますので、ビットコインなど暗号通貨に興味を持たれた方は、少額から始めてみてはいかがでしょうか。
余剰資金の少額なら、失敗も怖くありません。良い経験になります。

近い未来、暗号通貨は、一般に普及して、持っているのが当たり前の時代になるでしょう。

今はその黎明期ですから、色んな経験をするだけで、とても楽しいですよ!

コメントを残す